VIRGIN BMW | 2016年型 F700GS & F800GS 徹底試乗“ザ・ミドルGS” その3 ステージ別徹底インプレ

F700GS & F800GS (2016)の画像
F700GS & F800GS (2016)

2016年型 F700GS & F800GS 徹底試乗“ザ・ミドルGS” その3

  • 掲載日/2017年04月01日【ステージ別徹底インプレ】
  • Text & Photo / Ryo Tsuchiyama

TANDEM

F700GS & F800GS

ハンドリングの変化はわずかだが……

2016年型 F700GS & F800GS 徹底試乗“ザ・ミドルGS”の画像

2016年型 F700GS & F800GS 徹底試乗“ザ・ミドルGS”の画像

昨今では世界中の多くのメーカーがアドベンチャーツアラーを販売しているものの、実はサスストロークが長くて車高が高いこのジャンルのモデルは、タンデムライディングでハンドリングが悪化するケースが少なくない。具体的には車体姿勢が尻下がりになって、進路変更やコーナリングが重ったるくなりがちなのだが、F-GSの場合は、兄貴分に当たるR1200GSほどではないものの、この点に対する配慮もしっかり行われていて、ソロと大差ない感覚で走ることができた。とはいえ、今回の試乗でタンデムライダーを務めた編集部土山の印象は、残念ながらあまり良くなかった模様。

「ローダウンモデル特有の問題だと思いますが、F-GSは路面からの突き上げが結構ダイレクトに入ってくるので、長距離を走ると尻や腰にダメージが蓄積しそうな気がします。一方のF800GSは、乗り心地はそんなに悪くないのですが、ステップに伝わる振動が相当に大きいので、これはこれで疲労の原因になりそう。僕の場合はRやKシリーズの快適性を知っているので、そういう不満が出て来るのかもしれませんが、この2台でタンデムツーリングに出かける場合は、パッセンジャーの体調やご機嫌に、気を遣う必要がありそうですね」

2016年型 F700GS & F800GS 徹底試乗“ザ・ミドルGS”の画像
2016年型 F700GS & F800GS 徹底試乗“ザ・ミドルGS”の画像
タンデムシートの座り心地は可もなく不可もなくだが、RやKシリーズの快適性を考えると、幅と厚みはもう少し欲しいところ。丸パイプを用いたアシストグリップの握り心地は、なかなか良好だった。

まとめ

80年代のR80G/Sに通じる
軽さとシンプルさと親しみやすさ

2016年型 F700GS & F800GS 徹底試乗“ザ・ミドルGS”の画像

金属風のガルバノフィニッシュが施されたサイドカバーやツートーンのシート、新形状のエアボックスカバー/イグニッションロックカバーなど、F-GSシリーズは16年型で外装を中心としたマイナーチェンジを受けている。すでに海外のウェブサイトで、電子制御システムやマフラー形状などを一新した17年型の概要が公開されていることを考えると、過去のBMWに前例がない2年連続の仕様変更は、何となく不思議な気がするものの、この事実を深読みするなら、BMWにとってのF-GSシリーズは、相当に重要なモデルということになるのだろう。

と、他人事のように書いてみたけれど、F-GSは僕にとっても相当に重要なモデルなのである。何と言ってもこのシリーズには、GSの原点にしてアドベンチャーツアラーの始祖である、80年代のR80G/Sに通じる資質が備わっているのだから。実はかつての僕は、あまりに洗練されすぎた感のあるフラットツインのR1200GSに対して、そこはかとない違和感を覚え、もうちょっと軽くてシンプルで親しみやすいモデルが登場しないものだろうかと考えていたのだが、F-GSシリーズは、そういった僕の期待に見事に応えてくれたモデルだったのだ。

2016年型 F700GS & F800GS 徹底試乗“ザ・ミドルGS”の画像

もっとも、F700GSとF800GSのどちらが自分にとってのベストかを決めるのは、なかなかの難事業である。基本的にツーリング派の僕としては、F700GSに軍配を上げたいところだが、今回の試乗で僕は、F800GSの刺激や爽快感にかなりのインパクトを感じた。となれば、F700GSを購入して、各部のカスタムでF800GS的な資質を取り入れていくという手法もアリのような気がしてくるけれど、その方向を真摯に突き詰めていくと、ふと気づいたらトータルでの費用がR1200GSの車両価格に到達していそうな気がするので、それはそれで悩ましいところである。

とはいえ、F-GSはそれだけの価値があるモデルだと僕は思う。世間ではF-GSシリーズに対して、エントリーユーザーや小柄なライダー向けという印象を持っている人もいるようだが、僕としては酸いも甘いも知り尽くしたベテランライダーにこそ、このシリーズに乗って欲しい。例えば兄貴分に当たるR1200GSから、あえてF-GSシリーズに乗り換える人がいても、今現在の僕としては、まったく不思議ではないと感じているのだった。

注目のアイテムはコチラ