VIRGIN BMW | R100/7(1976~78年) BMWマシンの歴史

R100/7(1976~78年)

  • 掲載日/2008年10月29日【BMWマシンの歴史】
R100/7の画像

/5シリーズ以来の最大排気量
さらなる洗練を遂げたR100/7

/7シリーズ最大の特徴は、排気量レンジの変更だ。それまでの最大排気量は、R90/6およびR90Sの898ccであった。/7シリーズまでの排気量の拡大は、/5シリーズ以来共通の70.6mmクランクのまま、ボア径のアップによって行なわれている。各モデルのボア径は、R50/5は67mm、R60/5、R60/6、R60/7では73.5mm、R75/5、R75/6、R75/7では82mmのピストンが組み込まれ、それがR90/6、R90Sでは90mmにまで達した。

R100/7系の980ccへの拡大では、ボア径は94mmとなり、これは/5シリーズのクランクケースの限界であった。以降、1993年にすべてが新設計されたニューボクサー、R259ユニットの登場まで、排気量の拡大はなされていない。これは、裏を返せば1969年に登場した/5シリーズの開発当初から、1リッターまでの排気量アップは想定されており、そのためのマージンを最初から確保していたということだろう。そうして20年以上の長きにわたって、/5シリーズは/6、/7シリーズへと移行しながら、BMWの主役として君臨し続けてきたのだ。

生産年
1976~78年
生産台数
12,056台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
980cc
ボア×ストローク
94.0mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
60/6,500
最高速度
188km/h以上
変速
5段変速
全長
2,130mm
全幅
746mm
全高
1080mm
車輌重量
215kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報