VIRGIN BMW | 第13回 外装 F800R編

第13回 外装

  • 掲載日/2012年05月14日【F800R編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.48 (発行:2009.09.15)「ディーラーメカが解説する 世界一細かい F800R テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

F800R編分解レポートの画像

800cc パラレルツインの新生Fシリーズ。スポーツツアラーの S/ST に始まり、オフロードバイクのGSに続く F800R は、欧州市場で人気のストリートスポーツだった。あえて強力なライバルがひしめく戦場に投入された F800R がいかなるものか、S/ST や GS との違いとともに、その詳細を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

F800R編分解レポートの画像
フューエルタンクはおなじみの位置。S / ST と同じ総容量 16L。残量 2L で警告灯が点く。
F800R編分解レポートの画像
ポンプやフィルター。残量測定ユニットなどは一カ所に集中され、タンクを外すことなくメインテナンスできる。一定角度以上にバイクが傾く (つまり転倒) と、ロールオーバーバルブが作動してエンジンは自動停止する。一旦キーをオフにしてからでないと再始動時できない仕組みなので注意。
F800R編分解レポートの画像
タンクはシートの下を占領している。バイクの後ろ半分はほとんどタンクなのだ。
F800R編分解レポートの画像
S / ST とほぼ同じくアルミツインチューブフレーム採用。
F800R編分解レポートの画像
ボルトオンのリアフレームはスチール製で、二人のライダー、パニアケースと荷物、フューエルタンクを含めた荷重を支える。S / ST とほぼ同じだが、マフラーのマウント位置が違うので別部品である。
F800R編分解レポートの画像
傷付き防止とニーグリップを兼ねたラバーが張り付けられているが、エンジン熱で熱くなったフレームから足を守る役目が大きい。
F800R編分解レポートの画像
サイドスタンドは R1200S や K1200S のような鉄棒である。センタースタンドはオプション。マメなメインテナンスの必要なチェーンドライブなので、ぜひ取り付けたい。
F800R編分解レポートの画像
ヘッドライト上のカウル。防風効果は最小限ではあるが、それでもあるのと無いのとでは全然違うのである。
F800R編分解レポートの画像
K1300R に似た造形。最近の BMW デザインの延長線上にあるが、重量級にはない軽快さが感じられる。
F800R編分解レポートの画像
フロントフェンダーにはデザイン、補強、ラジエターへの導風を兼ねたデザインがなされる。
F800R編分解レポートの画像
外装パネルには S / ST とは違ったメリハリをつけ、差別化している。
F800R編分解レポートの画像
乾燥重量 177kg。満タンでの装備重量 199kg (装備品により異なる)。総じて、S / ST より 5kg ほど軽い。

分解レポート F800R編 メニュー

注目のアイテムはコチラ