VIRGIN BMW | #04 レーサー仕様で、いざシェイクダウン! HP2メガモトもて耐参戦記

#04 レーサー仕様で、いざシェイクダウン!

  • 掲載日/2009年08月18日【HP2メガモトもて耐参戦記】
  • 取材協力/Tras  文/新田 正直
HP2メガモトもて耐参戦記の画像

がんばれ!『Tras チーム』

2008年にはHP2 Sportで参戦し、「もて耐史上初」となる外国車優勝を遂げたトラスチーム。今年はディフェンディング・チャンピオンとして、HP2 Megamotoで挑戦します。レース本番は8月22日(土)。当日はBMW BIKESのヒミツ集会&HP2オーナーズミーティングも同時開催し、みんなでトラスチームを応援しました。たくさんのご声援・ご参加、ありがとうございました!

いよいよサーキットでテストラン!
メガモトに抱く期待と不安…

BMWで“もて耐”に挑戦し続ける鉄人、群馬県のBMWディーラー『モトパーク』高橋社長の組み付けチェックも終了し、予定通り“もてぎ”でシェイクダウンを迎えたメガモトレーサー。トランスポーターから降ろすと、何処からとも無くカメラが登場し、シャッターが切られます。

新田「注目されている…」

白・黄・オレンジの鮮やかなカラーリングに、何といってもカーボン繊維の目を活かした外装ですからね! そりゃあ注目度も高いってモンでしょう(自己過大評価)! そのせいか、シェイクダウン担当の武藤さんは若干緊張している様子。何よりノーマル状態のポジションではサーキットに合わないとネガティブな印象を持っていた武藤さんでしたが、いざ走り出すとTrasスペシャルの乗り易さに驚き、好感触。タイムを着々と詰め、どノーマルの車輌で18秒台を楽々叩き出してしまいました。

武藤「すん~ごい乗り易い! ステップも最高! ポジションも良いし、なにより走っていて全然怖くないのよ? 良いよ!メガモトレーサー!」

エンデューロベースのマシンで、外装とポジションの変更のみで18秒台が出るなんて、メガモトの組成の良さに改めて感銘した次第です。

しかし良いことばかりではありません。オフロード寄りに設計されたサスペンション構造がサーキットにはまったく不向きで、タイムは思うように上がらず、14秒の壁にぶち当たり、最終的に予選でマシンは…大破してしまいました…この原稿を書いている時点でマシンの状況はバラバラです…。夏休み返上でメガモトレーサー復活に奮闘してくれているモトパークの高橋社長。外装とアルミタンクは修理が完了しており、パーツも揃っています。あとは組み付け作業を高橋さんに任せればまったく不安はありません! 私達は確実に22日の決勝グリットに並びます! BMWを愛する皆様、応援よろしくお願いします! こんな状況に陥ってもチームの様子はメチャ明るいです! なぜなら2002年の鈴鹿8耐参戦から苦楽を共にし、結果を出してきた仲間ですから、どんなことがあってもヘコタレません!

ここで裏話をいくつか。

「BMWはノーマルが一番イイんすよ!」

この言葉を口癖のように話すのは、フラットツインの重鎮“名誉マイスター”でもある、東京都大田区のBMWディーラー『バイクハウス・フラット』代表の柳澤勝由さん。また、本国ドイツでは

「ノーマルパーツを近くの町工場で加工して、チューニングを施したパーツを正確に組み付けるんだ!」

という、BMWワークスエンジンチューナーのヘルムート・マーダーさんのお話。実際マーダーさんの工房を訪ねたとき、ル・マン24H用のエンジンを組み付ける作業をしており、信じられないほどピカピカに磨き上げられたパーツは、すべてノーマルパーツがベースでした。

つまり、BMWで戦う術の答えは? ノーマルが一番なのです。

さておき、22日(土)の決勝では、基本ノーマルのメガモトが走ります。そして世界一フラットツインに詳しい永山監督(BMW BIKES編集長)、さらに柳澤さんも“もて耐”に登場します!

8月22日(土)は、メガモト“もて耐”よみがえり仕様の確認に、皆さんツインリンクもてぎに集まってください!

HP2メガモトもて耐参戦記の画像
最悪転倒したとき、ツナギの後ろに『KONDO』なんて名前を見られたくないシャイな近藤さんは、ヘルメ